• 医療・福祉現場での人手不足を解消するには

    • "医療・福祉現場、とりわけ福祉の分野においては、重労働でありながら低賃金ということが人手不足に繋がっていると思う。重労働で低賃金であれば、希望者が少ないことも明白である。また仕事はやりがいや内容も重要であるが、やはり最低限の生活ができるような収入が見込めないとなるとその仕事を選ばない。給料を見直すことが必要不可欠であると思う。
      ただ、長く続けられる仕事としてはお金の事だけでなく、職場環境や労働時間も重要となる。医療・福祉の現場においては、他の職種と比較し責任を求められたり等の環境が悪いこと、また労働時間が長い、夜勤等もある場合には不規則にもなりやすい。それであるのに、給料が安ければ当然続けたくても辞めるしかない人が多くなる。また仕事とプライベート、家庭等の両立が難しい職種であるのも問題である。
      福祉の分野においては、とりわけボランティア精神を求められていることもあり、お金を稼ぐための仕事として働くことがあたかも悪とされるような風潮もある。やはり良き仕事には、それ相応に見合った賃金を支払うべきだし、そうすべきであると思う。それが、何より人手不足解消には必要である。
      そしてまた、日本国外から人手不足解消として人材を募集することも多少は効果が期待できるのではないかと思う。"

    関連している記事まとめ

    ページのトップへもどる

© 非常勤の看護師求人・転職 【非常勤の病院求人がご希望の看護婦さんへ】. All rights reserved.